風俗嬢とチャットレディの稼ぎだけじゃないいろんな違い

どっちが稼ぎやすい?風俗とチャットレディ

チャットレディで働くか、デリヘルやキャバクラで働くのとどっちが稼げて、メリットが多いか知っていますか。

女性ができる高時給のバイトである風俗やガールズバーやキャバクラと、ネット上で男性とおしゃべりする仕事のチャットレディは似ているジャンルです。

チャットレディはキャバクラなどの水商売と比べると、男性客と直接あう必要もないですし、アルコールを摂取する必要もないので、かなり有利だといえるでしょう。

チャットレディは他の水商売と比べて顔バレなどの危険性がありますね。ネット上で不特定多数のひとにみられているわけですから。

女性が稼げるバイトの筆頭である風俗とチャットレディのメリットとデメリットを比べてみましょう。風俗は日給が高くて即日現金払いでもらえるというメリットがありますが、同時にデメリットもあります。性病だったり、不潔な男性とのセックスだったりなどです。

風俗やキャバクラなどの稼げる女性特有の仕事と、同じく女性が稼げると有名なチャットレディでは、チャットレディの方がメリットが多いと思います。

女性が稼ぎやすいキャバクラなどと比べてみても、チャットレディは見劣りしないくらい稼ぐことができます。なにより働く上でのメリットがもりだくさんあります♪たとえば出勤するしないも自由ですし、働く時間もタイミングもすべて自分に決定権があり、これ以上自由な仕事はないでしょう。

ここからは、キャバクラのバーチャル版であるチャットレディと、キャバクラやガールズバーなどをやった場合にどちらにメリットがあるかを検証していきたいと思います。ぜひご覧ください。

チャットレディのメリットとは?

メリット1 直接触れることがない

チャットレディをやっている人に聞いてみると、男性客と会う必要がないことが一番メリットに感じているというひとが多いです。

男性客と物理的に会うことはないので、体を触られたりと言うこともありませんし、濃厚な接触をする必要もありません。アルコールを摂取する必要もありませんので、肉体的にも精神的にも女性としては楽にお仕事できますね♪

たまにはもちろん、チャットサイトにも悪質な男性ユーザーがいます。たとえばノンアダでやっているのに、おっぱい見せてとかいってきたり、顔出しNGでやっているのに顔見せてといってきたりするお客さんです。そういう客は強制ログアウトなどを使えばいいので安心してお仕事できます。

メリット2 収入が高い

チャットレディの時給は圧倒的です。なんと平均時給が4000円にもなります。最高で7000円を超えるので、一回チャットレディの時給を味わったら、普通のバイトができなくなりますね♪

これだけの時給額を誇ると、月収もすごくて、脱ぎありかどうか顔出しありかどうか、一週間の稼働時間がどれくらいかによってもまちまちですが、30万円以上を安定して稼いでいる女性もたくさんいます。

報酬額ランキングにいつもランクインされているようなチャットレディには毎月100万円以上を平気で稼ぎ続けている女性もたくさんいますね♪

メリット3 自宅でも外でもどこでもできる

チャットレディのメリットで抜かすことができないのは、自由自在に仕事時間が決められる点ですね。ネットに接続できる環境があれば、家の中でも外でも、その場がすぐに仕事場になっちゃいます。

出勤が絶対に必要になってくるキャバクラや風俗などと違い、ものすごい自由度が高いです。

メリット4 自分の好きなタイミングで仕事できる

チャットレディはスマホだけでもお仕事可能なので、家だけでなく出先でも気軽にお仕事することができます♪

ライブチャットサイトというのは24時間365日稼働しているので、深夜でも仕事ができます。なんか眠りにつけないなんて日も、深夜帯でもお客さんはいるので、寝れないときはチャットレディで稼いじゃいましょう!

男性ユーザーもライブチャットを楽しむときは、日常の隙間時間にスマホ一台で楽しんでいる人が多いので、昼間でも深夜でもお客さんがたくさんいでとても稼ぎやすい場があります。

メリット5 女性なら誰でも仕事できる

たとえば、チャットレディとならぶ高時給の風俗やキャバクラなどはそのお店のジャンルというか雰囲気みたいなものがあります。学園風だったり、メイド風だったり、ギャル系だったり、人妻系だったり。なので、誰もが採用してくれるわけではありません。

チャットレディは、面接で受かってそのサイトに所属することに、なにか衣装的な費用がかかるというわけではないので、チャットサイト側が女性を落とすメリットはありません。なので、ほぼ全員チャットレディで働けるといってもいいでしょう。

私がチャットレディに応募したときも右往左往するような形でしたが、簡単に採用されて、即日働けるようになりましたし、周りの人もチャットレディをやっている人がたくさんいますが、落とされたなんて話は聞いたことがないですね。

チャットレディはその面接通過率の高さは去ることながらも、その即効性もすごいですね。普通に働こうと思ったら面接してから最低でも1週間後くらいからしかまともにはたけないと思いますが、チャットレディは即日お金を稼ぐことができます♪

メリット6 トークや声も売りにできる!

キャバクラや風俗などは容姿が必要ですが、チャットレディはそこまで気にする必要もありません。いろんなお客さんがいますし、タイプも人それぞれです。

アダルトチャットレディなら顔を見せなくても、エロさでアピールできるのでなおさら稼ぎやすいですね!

ライブチャットを日常的に楽しんでいる男性というのは、風俗やキャバクラなど日にならないくらい圧倒的に多くて、それだけ男性が多ければ、自分のことを好きに思ってくれる、相性のいい男性もたくさにるということです。

上記のようにチャットレディは風俗やキャバクラなどと比べて、容姿にあまり関係なく仕事して稼ぎやすいと言うことです。胸やくびれやお尻を売りにしたアダルトチャットレディで稼いでもいいですし、会話が得意なら楽しい会話術で男性を楽しませてもいいですし、文章が得意ならメールだけで稼いでもいいです。

デメリット1 身内や知り合いにチャットレディがばれる可能性

チャットレディのデメリットと言えば真っ先に思い浮かぶのが、知り合いなどに身バレや顔バレしてしまうことだと思います。

チャットサイトを顔出しありでやっている場合ですが、待機中は顔がずっと男性ユーザーの画面には配信されているわけですが、もし知り合いの誰かがそのサイトを使っていたら顔バレしてしまうということです。

顔出しありでやっていても、髪型やメイクでいくらでもごまかすことができるので、顔バレ対策することもできます。

個人情報がもれるかもしれないと不安に思っている人もいると思いますが、個人情報は徹底的に厳重に管理されているので、まず漏れることもありませんし、今まで個人情報が漏れたことはありません。

チャットサイトから個人情報が漏れてしまうことはありえませんが、チャットレディ自身がヘビーユーザーの男性客に個人情報を漏らしてしまったら元も子もありませんので、仲良しさんでも自分のプライベートな住所や名前などは教えないようにしましょう。

デメリット2 待機時間ばかりになってしまう日もある

チャットレディというのはフルコミッションになっているので、待機時間を何時間過ごしてもお客さんがメールなりテレビ電話なりをしてくれない限り、報酬がゼロ円です。

通勤チャットでも在宅チャットでもいくら稼働している時間が長くても、実際に男性がチャットしてくれない限り報酬が発生しません。

チャットレディの報酬額は最低でも誰かがチャットしてくれさえすれば簡単に2000円とか3000円稼げますが、待機時間はこの時給換算に含まれていません。

デメリット3 画面をスクリーンショットとられる可能性

チャットレディは待機時間だったり実際にチャットでおしゃべりしているときに、あなたを気に入って画像に残しておきたいとおもったお客さんがパソコンのキャプチャソフトを使ったり、スマホのスクリーンショットをつかってキャプチャする可能性もあります。

ライブチャットを利用している男性客から、キャプチャを防ぐことは完全にはできません。

男性客がキャプチャを利用するときと言うのは、個人的に楽しもうと言うことがほとんどで、しかもネット上に流すというのは犯罪行為なので、わざわざそこまでしてネット上に流そうとする人もいないです。

風俗とチャットレディの違い

メリット1 時間あたりの給料が高い

風俗は女性が稼げる職業の中でもとくに日給が高く設定されていますね。デリヘルで平均2,3万円、ソープで3,4万円といったところです。

やはり風俗は肉体を酷使しなければならないので、高い報酬が保証されています。とにかく稼ぎたい!という人にはおすすめですね。

メリット2 自分の空き時間に働ける

風俗はチャットレディとは違い店舗に出勤する必要がありますが、一般的なバイトやパートに比べて、個人個人の好きな時間帯に出勤することができます。

メリット3 即日支払ってもらえる

風俗はすべてといってもいいくらい、出勤したその日の帰りにその日に稼いだ報酬をもらうことができます。

デメリット1 接客をしなければならない

風俗は男性と風俗嬢のみの個室で接客し続ける必要があるので、態度が悪い客だったり、不潔な客だったりがきても、接客し続けなければならないという負担があります。

生理的に不潔な男性でも性的なサービスをしなければいけないので、お金が発生している以上接客する必要がありますので、精神的につらい部分もありますね。

デメリット2 性病にかかるリスクがある

風俗の最大のデメリットは男性客から性病をうつされるかもしれないというところです。濃厚接触をしなければならないので性病のリスクが他の職業と比べて格段に高くなります。

風俗マニアの男性というのは毎月のようにいろいろな風俗を渡り歩いている人も多く、性病をたくさん持っている可能性もあります。

デメリット3 年齢によって報酬が変わる

風俗というのは肉体的な性的サービスなので、若い子がどうしても有利になってしまうことは否めません。30代40代でも稼げるのは人妻専用風俗みたいなところだけです。

デメリット4 身バレする可能性がある

働いているところに知り合いなどがきたら一発でバレてしまいますよね。他にも出勤するときに風俗のお店に女性が入っていったら風俗嬢として働いているとしか考えられないので、こちらもバレてしまいます。

チャトレと水商売どっちがメリットが多い?

チャトレも水商売も高収入

チャトレとデリヘルやソープなどの風俗は双方とも他の一般的なバイトと比べて高時給のバイトであることです。

風俗は相手をする人数に物理的に限りがありますが、チャットレディはそんなこともなく、無制限で青天井でパーティーチャットなどで収入を伸ばしていくことができます。

超人気のチャットレディは毎月200万円以上稼いでいる人も多く、時給に換算すると2万円以上にもなります。

一般的なチャットレディでも平均的な日給で1万円以上は稼げると思います。風俗の場合はソープで4万円から5万円くらい稼げると言われています。

チャットレディも他の水商売に比べて、負けず劣らず稼げる職業ですが、風俗もかなり高く、肉体労働な分、チャットレディよりも風俗嬢の方が稼げる計算になります。

チャットレディと風俗の業務形態を比べてみると似ていますが少し違います。双方とも完全にフルコミッション制であり、待機時間は報酬が発生しません。

風俗も指名されない限り待機時間が延びますし、チャットレディもリピーターさんが少ないと待機時間が延びてしまい、稼働時間がすくなくなり、もらえる報酬が少なくなってしまいます。

ですが、風俗はお店に来店した人しかターゲットがいませんが、ライブチャットというのは一日に何万人ものお客さん使っているので、チャットしてくれる確率が段違いに上がります。

空いた時間に働ける

チャットレディはネット上でお仕事ができるので、文字通り24時間働くことができます。時間帯も自由にくわえて、時間数も自由です。30分で切り上げてもいいですし、3時間やったり5時間やったりもできます。

それに比べて風俗は店舗の営業時間があるので、その範囲内でしか働くことはできませんが、他のバイトと比べてみても比較的好きな時間にシフトを組むことができるといわれています。

即金でもらえる

チャットレディは代理店に登録して稼働していたり、通勤チャットルームを使ったときは日払いで即金でもらえますが、在宅チャットレディの場合は次の日に銀行口座に振り込んでもらえるという形が多いです。

ノルマや課題などがない

風俗はソープランドでもファッションヘルスでもノルマなんてものはありません。チャットレディも同じくノルマがあるところは皆無といっていいでしょう。

チャットレディの方が全体的に見てお得です!

ここまでいろいろな切り口から風俗嬢のメリットデメリットと、チャットレディのメリットデメリットを比較してきましたが、平均的なメリットとしてはチャットレディの方がいいのではないでしょうか。

チャットレディは風俗と比べて、店舗に行く必要もありませんし、物理的に接触せず、オンライン上のバーチャル空間でやりとりするだけなので、精神的にも楽に仕事ができます。

チャットレディの直接会わなくていいというメリットはとても大きく、気楽に働きたいという女性に今人気急上昇中です。

他に優れている点として、仕事の通勤時間や家事の合間や寝る前などの隙間時間にお仕事ができるという点です。

チャットレディは本業がどんな仕事をしていても、副業として成り立ちやすいです。たとえば、看護師をしていたりして、夜勤が多いときでも出勤前の隙間時間だったり、早朝でも昼下がりでもチャットサイトは営業しているので、そんな空いた時間も副業をしてお金に換えることが可能なんです!

チャットレディはそもそものマーケットの規模が多いです。風俗などと比べて、店舗に行く必要もないので、気軽に楽しめる雰囲気が男性に受けています。

ライブチャットを使っている男性というのは、デリヘルやソープをつかって女性との交流を楽しんでいる客層とは若干違いますが、そもそもの分母が多いので、自分とチャットしたい!といってくれる男性なんていくらでもいて、すごい稼ぎやすい市場があるんです。

リアル世界の男性ユーザーとネット世界の男性ユーザーでは分母が違いすぎるのです。40代以降などの女性は、熟女専門風俗でお客さんを見つけるよりも、熟女専門ライブチャットの方が圧倒的にお客さんやリピーターさんが付いてくれやすいです。

熟女専門サイトのライブチャットだったら50代や60代の女性も活躍しているので、かなり高年齢の熟女でも稼げる環境が整っています。

以上、チャットレディと風俗嬢の報酬体系から、日払いだったり、働きやすさだったり、サービス面だったりいろいろな面から検証してきましたが、いかがでしたでしょうか。

短期的に大きな金額を稼ぎたいという人は風俗がおすすめです。ですが、マイペースに長期的にコツコツ、できる限り長く、そして一般的なバイトと比べて多めに稼ぎたいというひとはチャットレディがオススメです。

チャットレディはアダルトありで、顔出しありが一番稼げますが、顔出しなしでアダルトもなしでも、普通のバイトよりは通勤などもしなくていいので、メリットが盛りだくさんだと思うので、ぜひ一度やってみてください♪